本文へスキップ

統合失調症・うつ病・アルコール依存症・薬物依存症専門の病院施設搬送は, メンタルヘルスNLINE

うつ病 病院

うつ病(鬱病)Depression

鬱病

うつ病とは・うつ病の症状 | うつ病の治療法と病院搬送

うつ病治し方つ病(鬱病)は感情の病気です。
気分が沈んで何をするにもおっくうになります。
気の持ちようが悪いとか、怠け者になったなどと誤解されることも多く、治療を遅らせる原因にもなっています。
病気を理解して、正しく対処することが大事です。
(本サイトでは、鬱病を「うつ病」と表記しております)


ゆううつ 
うつ病は、これといった理由もないのに、気分が沈みこんできます。
悲哀感が増し、意気消沈します。
涙も出やすくなります。将来のことも悲観的、絶望的に感じます。

うつ病 カウンセリング
思考が渋滞する
考えのスピードが遅くなります。質問しても答えが返ってくるのが遅く、声は小さく力なく、口数も少なくなり、ゆっくりとした話し方になります。
計算も面倒になり時間がかかります。
そのため高齢者では、認知症になったのではないかと疑われることもあります。


優柔不断
決定に時間がかかり、迷ったあげくに何一つ決められなくなります。
例えば「入院しますか、それとも外来で治療しますか」とうつ病の人に聞いても、自分では決断できないことがよくあります。
そういうときには、十分な説明をした後に、「こうした方がいいと思いますが」という風に提案します。

興味関心の喪失
今まで楽しみにしていたことも、おっくうになって、やる気がなくなります。
欠かさず見ていたテレビも見る気がしなくなります。
習い事やスポーツが楽しみで毎週通っていたのが、全くやめてしまったという人もいます。


おっくうになる
うつ病は、何かやりたいという気があっても、行動に移せない状態です。やらなければならないけれども、おっくうで何もする気になりません。
「やる気があっても体がついていかない」という言い方をします。

話をするのも面倒になり、友人などが見舞いに来てくれても、聞かれたことに返事をするのにも、エネルギーを要します。
掃除、洗濯などもやらなければならないと思っていても、やる元気がなく、こんなことではいけないと思うのですが、どうにもならず悩んでしまいます。


自分を責める
うつ病になると、自分ほど情けない人間はいない、周囲の人に大いに迷惑をかけているという風に、自分を責めるような考えがわいてきます。
そして、自分がいない方が周囲のためになる、死んだ方がましだと自殺を考えるようにもなります。

死にたくなる
うつ病の自殺は一般の人の36倍多いと言われています。
自責感や絶望感から将来のことを悲観的に考え、生きる意欲がなくなってきます。
うつ病の初期や回復期に多いので注意が必要です。重いうつ状態の時には、自殺を実行する元気がないのです。


日内変動
午前中に具合が悪く、夕方になるとよくなるというように、一日のうちでも症状に変化があることがあります。
いつもよりはるかに早く目が覚めて、ゆううつで悲観的なことばかり考えながら苦しい朝を迎え、それが午前中いっぱい続き、午後から夕方にかけてよくなっていくという経過をとるのです。
このような変動は、うつ病の人全員に起こる訳ではありません。
一日中具合が悪いという人もいます。

身体症状
 不 眠:うつ病は、寝付きはいいけれども、早朝に目が覚めてしまうという形のものが多く見られます。
普段は6時頃まで寝ているが、最近は3時か4時くらいに目が覚めて、それからはいっこうに眠れず、悲観的ないやなことばかり考えて、朝を迎えるというタイプです。


 食欲不振:うつ病は、何も食べる気がせず、義務で食べているという感じになります。食べてもおいしくなく、砂をかむような感じです。
そのため体重が減ってきます。まれに、何か食べていると気分が紛れるということで、食べ過ぎて太ってくることもあります。


 性 欲 :低下します。

その他の身体症状: 頭が痛い、頭が重い、便秘、下痢、胸がどきどきするなどのいろいろの身体の症状が出ることがあります。
寒さには弱くなります。


大うつ病 症状

大うつ病の症状 うつ病 カウンセリング
(参考)大うつ病の診断基準 DSM-W-TR

【2つの基本症状】
以下の1.2.症状のうち1つがある。
1. 抑うつ気分
2. 興味または喜びの喪失

【7つのよくある症状】
さらに、以下の症状を併せて合計5つ(またはそれ以上)が認められる。

3.食欲の減退あるいは増加、体重の減少あるいは増加
4.不眠あるいは睡眠過多
5.精神運動性の焦燥または制止(沈滞)
6.易疲労感または気力の減退
7.無価値感または決断困難
8.思考力や集中力の減退または決断困難
9.死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図

これらの症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり、2週間にわたっている。 症状のために著しい苦痛、社会的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起している。これらの症状は一般身体疾患や物質(薬物やアルコールなど)では説明できない。

うつ病 入院

うつ病 専門病院 うつ病の症状・経過と具体例

うつ病の第1段階
どうにも気分が上がらず、だらだらした生活を送るようになる。
これまで興味を抱いていたTV、音楽、外出にも、関心を示さなくなる。
TVや音楽は、どのようなジャンルであれ、賑やかでウルサく感じ、新聞や本も賑やかで圧迫され読む気になれない。
誘われれば友人と一緒に出かけたりもするが、興味が長続きしない。
勉強や仕事も、「やらねばならない」という気持ちはあるものの、能率が上がらず、ぼんやりしていたり、ベッドで横になることが多い。うつ病専門病院

注意は散漫になり、優柔不断で、自信がなく、劣等感に悩むようになる。
未来に希望がもてず、自分の過去は灰色だったと回想する。
食欲も減退するが、食べて食べられないことはない。
好物も味気なく、まるで砂を噛むようである。
 
ときどき不眠を生ずるがこれも早朝覚醒型で、2,3時間眠ったと思うと夜半から目がさめて苦痛である。
夢もよくみて、寝汗をびっしょりかくこともある。
うつ病者によっては、だらだらと終日寝ている人もいる。
積極的に自殺をしたいとは思わないが、自暴自棄な言動はよくみられる

うつ病になる人は、まじめ人間が多いので、「自分は急に怠け者になった」「家族に申しわけない」と思い、自分に鞭打って勉強、仕事にやる気を出そうと努力するが、気ばかりあせって能率は上がらない。
頭がぼんやりし、口の渇き、胃腸の不快感、手足のしびれ、冷感など生ずる。

学校や職場も休みがちになり、周囲の者が励ましたり、叱ったりすると、涙ぐんだり、反抗的になったりすることがある。
この状態から回復する場合もあるが多くは、つぎの第2段階に進んでいく。

第2段階になると、うつ病症状は激しくなり、しかも激しく変動する。
憂うつ感は顕著になり、イライラ感も強い。
一日中に何度となく気分変動があるが、多くは、午前中は調子が悪く、午後になると気分が上がってくる傾向がある。
家族や上司、友人に対して申しわけない気持ちが強く、学生なら退学届け、OLサラリーマンなら辞表を提出する人がよくある。

周囲の者に迷惑をかけまいとする気持ちと、勉強や仕事をやめると気分の転換がはかれるのではないかという期待が、そうさせるのであろう。

うつ病症状で自分はまったく無価値な人間であると思い、劣等感も強い。
考えがまとまらず、将来にまったく希望が持てない。
この頃になると早朝覚醒型の不眠が顕著に出現する。

食欲がなく、体重は著しく減少し、1.2か月間に10Kg程度やせる人もいる。
性欲も減退し、身体的不調も強い。
人前に出たがらなくなる。自殺を企てる。

この状態になると周囲の者はもちろん、本人も自分が病的になったことに気付く。しかし、精神病、うつ病といわれることを恐れて専門医を訪れない人も多い。
この状態がさらに進行すると
第3,4段階に移行してゆく。

第3、4段階は、医学的にはもっとも重症の状態であるが、おとなしくなるので家族は扱いやすく軽症になったように錯覚することもある。
抑うつ感は著しく絶望的な気分であるのが一般的である。くどいように何度も同じ訴えをする。
心気妄想、貧困妄想、被害妄想が強いことも多い。

食欲はまったくなく、立っていること、座っていることもできず、終日寝たままである。身なりをかまわず不眠症状も強い。
顔色は青ざめ、痩せも目立つ。
女性であれば化粧もしない。
死にたいと思っても、エネルギーがないので、自殺の危険性はむしろ少ない。しかし、油断をしていると、刃物など様々な手段で自殺が起こることもあります。この状態を放置しておくと、肺炎や脱水症状などを併発することもある。


第4段階を過ぎると、第2段階と症状のよく似た第5段階に移行する。
この段階では、病気の改善のきざしがみられる。

激しく頻回の気分変動が出現する。

しかもこれは、第2段階のときよりも著明である。
周囲の人に助けを求め出す。
人嫌い、劣等感、不眠、食欲不振、性欲減退は依然として認められるが徐々に改善してくる。
客観的には、多少元気になり、言葉数も多くなり、血色もよくなって体重も増加してくるので改善したように家族はひと安心するが、主観的には気分はあまり変わらない。

苦悩に身もだえすることは続いている。
ただし、この時期にはもっとも自殺が生じやすい。
その理由は、第一に気分変動がもっとも激しい時期だということである。


第5段階第3,4段階よりも軽症であることが多い。
しかし、第5段階において気分がよかったり、悪かったりをくり返すとその気分の落差が主観的には第3,4段階の時期よりも絶望感をもたらすのである。
 
第二は、医師も家族も同僚も、自分自身も病気が改善してきたことに安心してアフターケアをおろそかにしがちなことである。

第三は、もともとまじめ人間であるから、よくなってくると社会復帰の負担を人一倍強く感ずるのである。


第6段階になると、依然として気分の揺れはあるが、その変動は少なくなり自信も出てくる。食欲、睡眠、疲労感、身体症状、性欲などすべてが改善してくる。
しかし、一見して元にもどったようにみえても、勉強や仕事は長続きせず、すぐに疲れる。

病者は、第5段階の境から学校や職場に復帰したがるが、完全に治ったものと錯覚していると、再び症状が再燃し絶望的になるので留意する必要がある。

うつ病 高齢者

うつ病 カウンセリング うつ病 - 「高齢者」「女性」「子ども」の特徴

1)高齢者のうつ病
加齢は生物学的・心理的・社会的な変化をもたらす。
たとえば、高齢になるにつれ、配偶者あるいは友人の死、自らの退職や失職など喪失体験を主としたさまざまなライフイベントが増え、心身の生物学的な退行の傾向も増強してくる。

また、高齢者のうつ病は認知症と並んで頻度の高い精神障害でありながら、医師、家族に見逃されていることが多い。


〔特 徴〕
うつ症状は基本的には成人と変わらないが、いくつか異なっている。
抑うつ気分は認められるが、患者の主たる訴えは頭痛、めまい、口渇、動悸、便秘・下痢、しびれなどの身体症状である。
うつ症状としては、集中力低下、快感消失、食欲低下、不眠が多く、不安や焦燥が強いことも特徴的である。

高齢者では抑うつ気分を訴えることをためらい、身体症状のみを現しやすい傾向がある。高齢者では妄想や興奮症状、せん妄などの精神症状をみる重症例も少なくないが、このような場合は専門医への紹介が勧められる。

高齢者がうつ病になったとき、物忘れや日常生活動作の障害がでるなど、認知症を疑わせる症状がみられることがある。したがって、本人ならびに周囲の人からの詳しい現病歴の聴取が重要である。
自殺の可能性が高いことも特徴とされ、自殺念慮を有する高齢者は専門医への紹介などの配慮が必要である。


女性 うつ病

2)女性のうつ病
女性ホルモンのバランスが変化する産褥期、月経前、更年期(閉経前)の3つの時期にうつ状態を含むうつ症状が多くみられる。
マタニティーブルー、産褥期うつ病、月経前症候群、更年期うつ病があります。

出産2週間以後から数ヶ月程度に起こってくる産後うつ病は、マタニティーブルーに比べて症状が重いことが多く、治療が必要となる。
症状は基本的に他の時期に起こってくるうつ病と相違はないとされているが、不安、焦燥が強く、抑うつ感情などが隠蔽されていることが多い。

また産褥期には一過性の精神病状態も呈しやすく、錯乱や幻覚・妄想状態がみられることもあるので、注意が必要である。
これらはいずれも出産にともなうホルモン分泌の大きな変化が関係しているとされているが、環境の変化、授乳や夜間の新生児の世話などによる睡眠不足なども要因と考えられる。


この時期のうつ病はその後の母子関係に与える影響も考慮し、見過ごさず積極的に治療を行うことが必要である。薬物治療は、SSRIが主流であるが、エストロゲンや甲状腺ホルモンも有効である。

◆マタニティーブルー
マタニティーブルーは、産後3〜5日頃をピークとして発症する。気分の不安定、涙もろさ、周囲への敵意、
新生児への陰性感情、不眠、集中困難、不安などの症状が出現する。

ほとんどの例では治療を受けなくとも2週間以内に自然消退するが、
5%程度は産後うつ病に進展するとされている。
出現頻度は欧米では褥婦の約半数でみられるとされているが、わが国ではより少ない(約25%)といわれている。

◆月経前うつ病:月経前不快症候群 PMS
月経の前に抑うつ症状や意欲・関心の低下などがみられ、家事などの日常生活に影響を及ぼす。抗うつ薬が有効とされている。

◆更年期障害


〔特 徴〕
閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)減少を主原因とする様々な症状を更年期障害と呼び、この時期はうつ症状がよく現れる時期であるとされている。更年期は一般的に閉経前後の各5年間で計10年間を指すが、必ずしも時間にこだわるよりも各個人の病態に応じて認識した方が良いと考えられる。

この時期では加齢に伴い急速に性腺機能が低下し、これに伴いエストロゲン分泌が低下し、月経異常、ほてり、のぼせ、泌尿生殖器症状、骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化などの症状が見られる。このエストロゲン低下は中枢神経系の機能にも影響を与える。

また閉経による女性性の喪失感、子供の成長による母性性の喪失感、パートナーとの一体感の喪失などこの時期の女性に起こりやすい環境の変化も影響し、不眠、うつ症状などが出現する。


子供 うつ病

3)児童・子どものうつ病
最近、子どものうつ病は、一般に考えられているよりもかなり多く存在するのではないかといわれている。その6ヶ月有病率は児童期(12歳未満)で0.5〜2.5%、思春期以降(12〜17歳)で2.0〜8.0%の範囲にあるとされている。

〔特 徴〕
子どもの場合も、うつ病症状は成人のものと基本的に同じといえるが、いくつかの特徴がある。

子どもでは抑うつ気分を積極的に口にすることは少なく、また表情や行動などにも現れにくいとされている。重症のケースでは成人同様に憂うつな表情をし、口数も少なく、みるからに元気がないといった様子がみられるが、軽症例では一見したところ、少し元気がない程度にしかみえないことも多い。
また不安や抑うつ気分が、イライラする、怒りっぽくなる、落ち着きがなくなるなどの形で表現されることも多い。

身体症状が多くみられることも、子どものうつ病の特徴である。
頭痛や腹痛などの症状がよくみられる。また食欲不振のために期待されるような体重の増加がみられない場合も、うつ病である可能性がある。

子どものうつ病を考える際には、不登校との関連も重要である。不登校を訴えて精神科、児童精神科を受診する小児のなかに
うつ病の症状がみられ、抗うつ薬の投与により症状が改善し再登校に至るケースがある。

(参考資料:うつ病診療の要点-10)

高齢者 うつ病

うつ病 カウンセリング うつ病予防と家族の接し方

うつ病になると心身共に支障が起こってきます。
放っておくと苦悩のあまり自殺、アルコールの依存、薬物の依存、職場や学校の放棄など、さまざうつ病 専門病院まな問題を起こすことがあるので早期に治療をして予防していくことが重要になってきます。
 
うつ病になった場合、あるいはその恐れがあるときには、うつ病専門医を早めに訪ね適切な治療を受けることが大切です。

うつ病である当事者を取り巻く周囲の人は、以下の点に注意して接することが重要となります。

1.病識を持たせ、十分な休養と治療の必要性を自覚させる
うつ病当事者の中には、自分がうつ病になっている事を自覚しない、うつ病の説明しても納得しない人がいます。
これはうつ病である当事者ばかりではありません。

家族の中にも、自分の家族に限ってうつ病になることは無い、うつ病になるはずがない、単なる気の持ちようだと主張する家族もいます。
うつ病は自分が気が弱い、努力不足だと思い自分の心身に鞭打ってその結果としてうつ病をこじらせ、症状を長引かせることがあるので十分に注意しなければなりません。
当事者にうつ病であることを説明する際には、必ず治る病気である事、治しやすい心の病であることを十分に説明する必要があります。


2.家族は励ましたり、怒ったりしないこと
うつ病 家族の接し方の基本は、暖かい人間関係の中で優しく保護をしていく事です。うつ病治療では心身ともに疲れきっているので十分な休養が必要となる。うつ病の病前性格は、繊細で真面目な人が多いので元気になれば、自分から勉強したり働き出したりするものです。

「しっかりしろ、気の持ちようだ」、「みんなが心配している」などと励ますと、その罪悪感からますます気が滅入り、みんなの迷惑になっていると自責して自殺を企てたりすることもあるので注意が必要です。
気の持ちようなどの叱責は論外であります。

3.うつ病は孤独にさせないこと
うつ病になると孤独感に悩むようになります。
人と会うのをわずらわしく思い一見人嫌いになる。
しかし放っておかれると見捨てられたように思って悲観する。
孤独でいると悲観的になりろくなことを考えない。

それに気分も一日中ガラガラと変化する。
そのようなときには自殺などの危険性が生じることもあります。
うつ病者によっては、非常に愚痴っぽくなったり、反抗的にわがままに振る舞う人もいます。

とくに老人性うつ病にはこの傾向が強いようである。
同じことを何度も訴えられたり、被害妄想的になってくると、支える家族が心理的負担になり参ってくることもある。
家庭によっては、家族がみな会社や学校に出て、どうしても当事者ひとりを家に残さねばならないこともあるでしょう。
そのような場合には、入院加療させることもお互いにとって方法の一つです。


4.仕事勉強よりも優先すべきは休養と治療
うつ病者は真面目な人間なので、調子が悪くなっても職場や学校に行きたがるのが一般的であります。病気が軽い時には、抗うつ剤等を服用しながら通勤通学をすることもありますが、原則として仕事や勉強から遠ざかり、のんびりと静養させることが治癒への近道である。

うつ病の場合、大量の抗うつ剤は眠気・ロ渇・脱力感などの副作用をもっているので、薬を飲んでいては仕事や勉強にならず、そうかといってお薬を中止するとうつ病が悪化する、といったジレンマに陥ることも少なくありません。
会社や学校を休んでいても、職場のことを心配して電話をする人もいますが、それでは全然休養にならない。
このような場合、上司や同僚に「仕事のことは心うつ病 カウンセリング配しなくてもよい」と説得してもらうことも必要です。


5.自殺に注意すること
うつ病になると死を口にする人も少なくありません。うつ病は完全に治るまでは、自殺の危険性がつきまとっていることは考えておかねばならない。
そして、どんなに軽いうつ病でも、完全に治るには、数か月の時間を要するといわれています。脳内の変化は、それほど短期間に調整されません。
特に家庭や職場の人間関係が破綻していたり、身体的疾患を合併していたり、心理的なストレスにさらされていたりすると、自殺の危険性は大きくなります。

うつ病の人が直接的・間接的に悲観的な気持ちを口にした場合、それは苦しい気持ちを分かってもらいたい「助けを求める声」だと考え、軽くあしらったり、無視したり、当事者の気持ちを逆なでするようなことはせずに、よい相談相手になってあげることが大切です。

そして、当事者の生命は自分だけのものではないことを説き、家庭や職場における存在価値を再認識させ、自殺だけは絶対にしないという確約をとるのも、一つの防止法だといわれています。


また、当事者に自殺の危険性が感じられる場合には、お薬も袋ごと当事者本人に所持させるのではなく、適宜家族が管理することも大切です。
(自殺の目的で、薬剤を大量に服用することがある、刃物やひも類を身辺から遠ざけておく配慮も必要です。)


6.重要な決定は先に延ばす
うつ病になると物事を悲観的に考え、罪悪感が強いため現在かかえている問題(結婚、離婚、就職、昇進、退職、入学、土地家屋の売買など)に早期解決をつけたがる傾向が出てきます。

問題を解決すれば、悩みも消失するだろうと考えたり、他人に迷惑をかけるから自分から身を引こうと考えるためです。

うつ状態な気分のままに決定をくだすと、判断を誤ることも多いし、うつ病が軽快になると後悔することもあるので、現在問題をかかえていても決定は先に延ばして、うつ病が治ってから問題に取り組むようにすべきである。もしも急を要する問題が出てきたら、誰か適切な人を代理人に立てることが必要です。


7.うつ病の経過は客観的に判断する
うつ病が快方に向かうとまだ完全に治っていないのに、社会復帰を希望する傾向があります。中にはまだ良くなっていないと自覚していながらも、家族や職場のことを考えて、空元気をして周囲の人々に接し安心させようと努力する人もいます。 
しかしこれは、意外に悪い結果を招くことが多い。
周囲の人々は安心して、アフターケアを怠り、社会復帰後のストレスがもろにかぶさってきて挫折してしまう事が往々にしてあるので注意が必要です。


8.社会復帰はゆっくり焦らずに
すでに述べたように、うつ病が快方に向かうと、当事者はすぐにでも社会復帰をしたがる。あまり急いで元の職場や学校に入っていくと、すぐまたうつ病が再発したり、なじめなかったりして絶望的になることもあります。
 
うつ病の回復期には気分の動揺は激しいし、元気になったと思っていてもすぐに疲れるものです。とくに抗うつ薬等を服薬しながら職場や学校にもどると、頭がぼんやりしたり、ねむかったり、身体の自由がきかなかったりして悲観し悩むこともあります。

社会復帰にあたっては、環境調整を十分にし周囲の人たちが暖かく迎えてあげることが必要です。よく医師と話し合い、どのような段階で正常の生活にもどすかを主治医と相談することが望ましい。当事者によっては、精神科の病気であることを恥ずかしがり、社会復帰と同時に服薬を中止しすぐに再発する人もいます。

9.自分のストレス解消法を見つける
うつ病の多くは無趣味で、仕事や勉強を趣味にしている人が多い。
うつ病の治療中に趣味をもたせることはなかなか困難ですが、うつ病が治ってきた段階で、趣味をもたせ適度のレクリエーションを習慣づけることも大切です。
うつ病が再発したときでも、軽症の場合には趣味に逃げこむことによって、苦悩から解放される事もあります。


うつ病治療法
 ↑ 平成23年現在のうつ病を含む、気分障がいの推移

うつ病 相談

うつ病相談 うつ病治療の心構え・うつ病予防

うつ病は人によって、特別の誘因や動機がなくて起こることもあり、また心配ごとがあったり、多忙の日がつづくとか、責任の重い地位につくような場合に発病することもある。うつ病になった人は、かならずしも内向的とはかぎらず、活動的で働き好きの人も多い。

几帳面で、何ごともいい加減ではすまされず、やりだすと熱中して緊張状態がつづくという傾向の人に多く見られる。こだわり、責任感も強く、信用のおける人が多いのであるが、徹底的で融通のきかないような人もいます。

うつ病になると、まず気がふさいで、晴ればれせず、何ごとにも興味を失って世の中が味気なくなる症状が続く。仕事をするのもおっくうで、会社員など、朝出勤することに非常な抵抗を感じる。
家族が心配して「どうしたのか?」と聞いても、うつ病の本人からすると、話すにも相当のエネルギーが必要なのである。

又、うつ病の症状が辛くて積極的に病院へ行く人と、家族が心配して「病院へ行こう」と説得しても、病院に行かない人もいる。家族も病院に連れて行く方法を考えては、説得を試みるがなかなか本人の心に入って行かない。
これは「病院に行かない」のではなく病院に行くエネルギーが無い、いろいろ考えることが面倒になっている事が多い。つまり、重要な判断、決めごとが精神運動の低下によってできなくなっている事が考えられる。
うつ病の場合、何をするにもエネルギーを消耗するため辛いということを理解したうえで周囲は接し方を考えたい。



うつ病になれば仕事をしようとしてもなかなか手が出ず、やっても速度が鈍く長つづきせず、能率も上がらない。気が重くなって、動作や表情にもハキが無く、決断もつきかねてただ迷っている。

 
気分がふさぐと同時に、ものの考え方が悲観的になり、何ごとも悪いほうに悪いほうに考えてしまう。過去のことも後悔すべきことが多いように思われ、前途には希望もなく、現在を八方ふさがりのように感じ落ち込んでしまう。

うつ病の人たちには、この状態が病気のためだとある程度自覚して、進んで医療を求める人、病気ではなく、本当に心配ごとがあるから心配するのだと思いこんでいる人、何ごとも悲観的に考える症状として、病院にかかっても決して治らないと信じこむ人など様々である。

症状の軽重の程度はさまざまで、ごく軽い程度のものでは、ただ気分がすぐれず仕事がはかどらない、世の中がつまらない、というものがある。

うつ病の重いものでは、極度に悲観して種々の悲観的妄想に悩まされる。
強い劣等感に悩む者、事業がだめになったとか財産もなくなると思いこむ人、会社や家族に迷惑をかけて申しわけがないという罪業観念を起こす人、自分の体がだめになっていると信ずる者、自殺念慮の強い人もあり、実際に自殺する人もいる。


一室に閉じこもって口もあまりきかないで沈んでいる型のものと、苦悶が強くてじっとしておれず室の中をウロウロして落ちつかない興奮型のものがあり、苦悶の強いときは胸が苦しく圧迫感の症状を訴える人もいる。

うつ病の大多数の人は夜眠れない。神経症の人は眠っても眠った感じがしないものが多いのであるが、うつ病では実際に眠りが少ない。ただ例外的に、かえって平生よりたくさん眠るものがある。これはただ無気力になって、興奮性の乏しい型のものである。頭重、頭痛、便秘などを伴い、性的なことにも関心がなくなるのが一般的です。

うつ病は内部的に気分が重くなっているので、気分を転換することがむずかしい。家族が気晴らしをしたら良いと旅行をすすめたり、ショッピングにさそったりするが、そんなことをしても本人は少しも喜ばず、かえって刺激が悲しみの種になるぐらいで治療的効果はないと考える。

いくら説得しても本人の心には入っていかず、家族が病者に「悲観的な妄想の誤り」を話しても、表面的にはわかるようでも感情が納得しないという調子である。

うつ病は、一生の間に一、二回起こるものもあり、数回くり返して発病する人もある。うつ病を発症する人はときとして、反対の躁状態になることもある。治療法としては、神経症が精神療法を主とするのに対して、薬物療法を主とし、それに精神療法を加味することが理想的であると感じる。


うつ病を治すには、刺激を少なくすること、この病気はかならず治るうつ病 相談のだということをよく説明することも大切です。

精神療法を行なう施設の親しみのある雰囲気のなかに生活することも治し方のひとつで好影響を与える場合もある。
好転するに従って、適度の仕事や運動もするように指導する。

なお、うつ病の再発を予防するには、この病気にかかりやすい人の特徴である何ごとにも熱心でゆとりがなく、緊張がつづきすぎ、その末に病的なスランプに陥ることをよく自覚して、あまり緊張をつづけないことが大切である。
 
ある程度仕事をすると、他のことで気分を変えること、そのためには仕事一点ばりでなく、いろいろスポーツや趣味にも興味をもつように平生から心がけることが好ましい。

この病気にかかる人は、仕事がすむまで午前1、2時ごろまでつづけることが多いが、このような習慣はお勧めできない。ONとOFFを明確にして、休日にはまったく仕事から解放されることが望ましい。

また本人としては、うつ病になっても、かならず好転することを信じて医療を受けること、つらくても時を待つこと、それから、全快してからは調子にのりすぎて緊張をつづけることを避けることが大切である。
鬱や不安が来そうだな、と感じたら早めにウオーキングや体を動かして外(身体)から、うつ病予防に取り組むことも大切です。


鬱病
うつ病 専門病院
病院搬送に関わる家族相談をおこなっています。
東京・埼玉・神奈川などの首都圏を中心に、北海道から沖縄離島まで、全国対応にてご対応します。出張相談も迅速対応いたします。
まずはお気軽にご相談ください。




うつ病 症状

うつ病の入院相談, 精神障害者移送はメンタルヘルスオンライン

メンタルヘルスONLINE民間救急

〒357-0021
埼玉県飯能市双柳1-28
TEL 050-3736-1190

西日本エリア TEL 050-3735-1199
東日本エリア TEL 050-3736-1190

うつ病治す