本文へスキップ

発達障害・ADHD・人格障害の施設入所、病院施設搬送は, メンタルヘルスONLINE

発達障害・ADHD 注意欠如多動性障害ADHD

発達障害の専門病院

発達障害 ADHDの症状と治療法 入所施設 病院搬送

発達障害 発達障害とは
生まれつきの特性で、「病気」とは異なります

発達障害はいくつかのタイプに分類されており、自閉症, アスペルガー症候群, 注意欠如多動性障害(ADHD), 学習障害, チック障害などが含まれます。ADHDの専門病院
これらは、生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています。
同じ人に、いくつかのタイプの発達障害があることも珍しくなく、そのため、同じ障害がある人同士でもまったく似ていないように見えることがあります。
個人差がとても大きいという点が、「発達障害」の特徴といえるかもしれません。

注意欠如・多動性障害(ADHD)とは
発達年齢に見合わない多動‐衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が、7歳までに現れます。
学童期の子どもには3から7%存在し、男性は女性より数倍多いと報告されています。
男性の有病率は青年期には低くなりますが、女性の有病率は年齢を重ねても変化しないと報告されています。

自閉症スペクトラム障害とは
現在の国際的診断基準の診断カテゴリーである広汎性発達障害(PDD)とほぼ同じ群を指しており、自閉症、アスペルガー症候群、そのほかの広汎性発達障害が含まれます。
症状の強さに従って、いくつかの診断名に分類されますが、本質的には同じ1つの障害単位だと考えられています(スペクトラムとは「連続体」の意味です)。

典型的には、相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏り(こだわり)の3つの特徴が現れます。
自閉症スペクトラム障害の人は、最近では約100人に1から2人存在すると報告されています。
男性は女性より数倍多く、一家族に何人か存在することもあります。

ADHD病院

発達障害 病院 ADHD 注意欠如多動性障害, 家族や周囲の対処法 

家族には、注意欠如多動性障害(ADHD)の本質をよく理解してもらい、本人の自尊心を回復し、自己評価を高めるような環境の整備に努めてもらう必要があります。
知的水準からは説明できない学力不振があるため、学校の先生からもしかられ、結果として「反抗的」となることもあります。
学校の先生にも患児の障害をよく理解してもらい、適切な環境を作ってもらうことが重要です。

学童期までの一時的な治療は、中枢刺激薬を中心とした薬物療法ですが、もっと重要なのは環境の調整です。
興奮した時も、集団から離れれば落ち着きますし、一人になって落ち着いてからたずねられれば、その時の気持ちを説明してくれます。
多くのADHDの子供がLD的要素をもっていることを考慮して、短く、はっきりと、わかりやすく説明する必要がありますし、知的水準と乖離(かいり)した社会的常識の欠如がみられるため、ときには社会的常識を教示することも必要となります。

発達障害病院

ADHD病院 ADHD 注意欠如多動性障害, 生活のアドバイス 

年齢が上がるにつれて、多動は表面的には目立たなくなりますが、特定の興味のあることを除けば、集中力の欠如や持続力の不足は継続します。
知的水準の遅れはほとんどないのに、学業成績は悪いのが特徴です。
「能力があるのに努力を怠るため成績が悪い」とされ、家族からも学校の先生からも叱られる場合があります。 

学習障害的側面を伴うことも多く、社会的常識も不十分なため、他の児童への配慮が不足して、良好な対人関係を築くことは苦手です。
小学校高学年以上では、集団からはずれて「いじめ」の対象になることもあります。

ほめられることもなく、評価もされないため、挫折感や劣等感が強まり、自己評価が低下して、衝動性が亢進することも珍しくありません。
衝動性の亢進は、適切な環境で成育すると目立たないとされ、周囲の環境や対応に大きく左右されます。
挫折感や劣等感が強まると、自責感が生じて、二次的に抑うつや不安が強まり、不登校状態になり、ひきこもり、家庭内暴力など日常生活に支障が生じることもあります。
協調性を要求される職場などでは苦労しますが、マイペースで仕事ができる環境では、並はずれた業績を残す場合もあると考えられています。

発達障害 専門病院

発達障害施設発達障害の症状・特徴

発達障害 施設 自閉症スペクトラム障害の場合 1歳を過ぎた頃からサインが現れます。
典型的には1歳台で、人の目を見ることが少ない、指さしをしない、ほかの子どもに関心がない、などの様子がみられます。
対人関係に関連したこのような行動は、通常の子どもでは急速に伸びるのと違って、自閉症スペクトラム障害の子どもでははっきりしません。
保育所や幼稚園に入ると、一人遊びが多く集団行動が苦手など、人との関わり方が独特なことで気づかれることがあります。

言葉を話し始めた時期は遅くなくても、自分の話したいことしか口にせず、会話がつながりにくいことがしばしばあります。
電車やアニメのキャラクターなど、自分の好きなことや興味のあることには、毎日何時間でも熱中することがあります。
初めてのことや決まっていたことの変更は苦手で、なじむのにかなり時間がかかることがあります。

成長するにつれ症状は変化し、人それぞれに多様化します

思春期や青年期になると、自分と他の人との違いに気づいたり、対人関係がうまくいかないことに悩んだりし、不安症状やうつ症状を合併する場合があります。
就職してから初めて、仕事が臨機応変にこなせないことや職場での対人関係などに悩み、自ら障害ではないかと疑い病院を訪れる人もいます。
子どもの頃に診断を受け、周囲からの理解を受けて成長した人たちの中には、成長とともに症状が目立たなくなる人や、能力の凸凹をうまく活用して社会で活躍する人もいます。

発達障害の対応、入院や施設入所の問題
発達障害の施設入所や入院などのご相談が多い。
その内容の多くは、親(家族)は限界なのであるが病者である当事者の状態はというと、いわゆる酷くも無く、良くも無くといった状態。
このような場合、家族はどう対応すればよいのか。
病者である当事者の病識(自分が病気であるという認識)が有り、暴れているわけでもない。
このような状態で施設入所や病院で入院加療を希望するにはどうすればいいのか...といったものである。
 
ここで家族の権限で入院をさせることが出来るのかといえば、多くの場合NOです。
考えたいのは、親子の共依存関係云々もありますが、入院病棟では多くの場合、隔離病棟(閉鎖病棟)になるため、中には当事者よりも症状が重い人たちが入院生活をされていることもある。

病院内では「私はここに入院するような状態ではない。早く帰りたい。」と空気で感じとる当事者も多い。実際、発達障害と異なる精神障がいで入院されている人たちには病識が無い人もいます。
空気を読み取る敏感な当事者であれば、「私は他の人とは違う、ここに入院入所するのはおかしい」と感じるのが一般的です。
又、親御様みずからが結果的に当事者に同情し退院させる事例も多いのが実際です。

先述のように、友達が欲しいと願う当事者も少なくない。
臨床心理士などカウンセラーを友として希望する人もいる。
ここで当事者が求めるカウンセラーというのは、友達や兄姉のようなフレンドリーな関係のカウンセリングであり「看てやっている」というような姿勢では心は開いてはくれない。

同じ目線、立ち位置、人生智の先輩と後輩というような関係が必要と考えます。
親亡き後にも繋がるレールをどうやって敷いていくのか。
当事者を取り巻く支援体制をどのように構築するのか社会復帰訓練を考えたい。
ここで親御様も当事者への過干渉(共依存)の有無も今一度確認しておきたいものです。

発達障害のカウンセリングに話を戻せば、当事者が我々に何か話そうと言葉を選ぶ。
中には発言に時間がかかる人もいる。
このとき、横から親御様が助け舟を出してわれわれに言葉を代弁してはならない。
ゆっくり時間はかかってもいい、大切なのは当事者自身の言葉をもって発言し、その気持ちにじっくり傾聴する姿勢が必要。
ここを通って当事者とカウンセラーとの信頼関係が芽生え、コミュニケーションの強化につながると考えます。

注意欠如・多動性障害 (ADHD)の場合
7歳までに、多動−衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が現れ、そのタイプ別の症状の程度によって、多動‐衝動性優勢型、不注意優勢型、混合型に分類されます。
小学生を例にとると、多動‐衝動性の症状には、座っていても手足をもじもじする、席を離れる、おとなしく遊ぶことが難しい、じっとしていられずいつも活動する、しゃべりすぎる、順番を待つのが難しい、他人の会話やゲームに割り込む、などがあります。

不注意の症状には、学校の勉強でうっかりミスが多い、課題や遊びなどの活動に集中し続けることができない、話しかけられていても聞いていないように見える、やるべきことを最後までやりとげない、課題や作業の段取りが下手、整理整頓が苦手、宿題のように集中力が必要なことを避ける、忘れ物や紛失が多い、気が散りやすい、などがあります。

多動症状は、一般的には成長とともに軽くなる場合が多いですが、不注意や衝動性の症状は半数が青年期まで、さらにその半数は成人期まで続くと報告されています。
思春期以降になってうつ症状や不安症状を合併する人もいます。
一方、発達障害(ADHDなど)家庭内暴力も多く報告されており、更生施設入所や病院への入院を希望する家族が多いのも実際である。

ADHD施設

ADHD入所施設 発達障害の治療

1.自閉症スペクトラム障害
幼児期に診断された場合には、個別や小さな集団での療育を受けることによって、コミュニケーションの発達を促し、適応力を伸ばすことが期待できます。
療育を経験することによって、新しい場面に対する不安が減り、集団活動に参加する意欲が高まります。
言葉によるコミュニケーションに頼りすぎず、視覚的な手がかりを増やすなどの環境面の工夫をすれば、子どもの不安が減り、気持ちが安定し、パニックが少なくなることが期待できます。

早期に診断することは、親が子どもをありのままに理解し、その成長を専門家のサポートとともに見守っていくことに役立ちます。
自閉症を治す薬はありませんが、睡眠や行動の問題が著しい場合には、薬の服用について医師と相談してみるのもよいかもしれません。

思春期以降になって不安症状やうつ症状が現れた場合には、抗不安薬や抗うつ薬を服用すると改善することがありますが、その場合にも、症状が現れる前に過度なストレスがなかったか、生活上の変化がなかったか等、まず環境調整を試みることが大事です。

幼児期から成人期を通して、身近にいる親や配偶者が本人の特性を理解していることがとても重要です。
それによって本人が安心するだけでなく、親から教師、上司などに対し特性を伝えることによって、本人にふさわしい学校や職場環境が整い、支援の輪が広がっていきます。

成人を対象とした対人技能訓練や認知リハビリテーションを行っている施設は少ないですが、対人関係上の問題への対処方法を身につけるには有効です。
地域の発達障害者支援センターが、自閉症スペクトラム障害者を対象にしたグループ活動を行っていることがあります。

2.注意欠如・多動性障害(ADHD)
幼児期や児童期に診断された場合には、薬物療法と行動変容、そして生活環境の調整が行われることが多いです。
薬物療法としては、脳を刺激する治療薬であるアトモキセチンや塩酸メチルフェニデートという薬がおもに用いられます。

どちらも脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやドーパミンの不足を改善する働きがあります。現在のところ、日本では成人のADHDの人が服用できる治療薬はありませんが、将来は成人への処方も認められる可能性があります。

生活環境の調整としては、勉強などに集中しないといけないときには本人の好きな遊び道具を片づけ、テレビを消すなど、集中を妨げる刺激をできるだけ周囲からなくすことが重要です。
また、集中しないといけない時間は短めに、一度にこなさなければいけない量は少なめに設定し、休憩をとるタイミングをあらかじめ決めておくことも効果的です。

自閉症スペクトラム障害と同様、親をはじめとする家族がADHDに対する知識や理解を深め、本人の特性を理解することが、本人の自尊心を低下させることを防ぎ、自分を信じ、勉強や作業、社会生活への意欲を高めることにつながります。

3.施設入所・入院支援、病院搬送
これまで当社は発達障害, ADHD, アスペルガーなどの病院搬送, 施設入所支援を東京, 神奈川, 埼玉, 大阪, 福岡など大都市圏をはじめ最前線で対応してきた経験があります。

家庭内暴力や買い物依存を含む原因等により、当事者を支えておられる家族も心理的負担を伴い、逆に病院受診を余儀なくされる現場も数多くみてまいりました。
このように家族が当事者に対し、病院や施設に連れて行くなど任意的な治療を何度も試みたが結果が出ないケースも多いのが実際です。

私どもはご面談によるご相談から始まり、医療機関や入所施設の手配、現地までの搬送を行っております。ご本人の同意入院が得れない場合の病院ご入院, 施設入所などお気軽にお問い合わせください。


発達障害の施設

メンタルヘルスONLINE精神科民間救急

〒357-0021
埼玉県飯能市双柳1-28
TEL 050-3736-1190

発達障害 入院